日本の田舎暮らしにありがちな、おもしろおかしな田舎あるあるの数々、田舎の特徴、風習などをご紹介。

滑走路みたいな駐車場

こんばんは、こうちゃんです。

田舎に慣れるとそうでもないですが、
都会から来ると驚きの事実、

コンビニに滑走路のような駐車場がある。

コンビニの敷地に対して、
驚くほどの広さの駐車場があります。

コンビニは田舎だからといって、巨大とか、異様に品ぞろえがいい、とか特になく、
都会と変わらないのに、
来る人はみんな車で来る前提&トラックとかで多くの人が訪れるので、
かなりの巨大設計の駐車場になっていることが多いです。


こうちゃん

コウモリの棲み処

こんばんは、こうちゃんです。

都会でも時折、特に夕方など、公園近くなどでコウモリが飛ぶのを見かけることはありますが、
田舎の方だと、近所によく緑の多い、林、公園、山などがあり、

普通にコウモリが暮らしているのを見かけます。

なかなか都会では見かけないほどのコウモリの群れが、
バサバサ飛んでるのをよく見かけます。

こうちゃん

とにかくデカい工場がある

こんばんは、こうちゃんです。

田舎といっても、中途半端で、ある程度の街を築いている場合かもしてませんが、

とにかくデカい工場がある

これもよくある特徴です。
近隣住民みんなが関わるような、
その辺の店舗もすべて、工場の働く人のためにできているような、
そんな工場があったりします。

敷地もデカく、みなが車通勤で駐車場も巨大、
なにもかもがその工場を起点にしているようなケースを
田舎では時折目にします。

こうちゃん

エクスデス定期

こんばんは、こうちゃんです。

田舎の商店街がもっとも恐れる魔のシステムです。



田舎にイオンが進出
→品揃えやワクワク感で完全に商店街を圧倒
→商店街壊滅
→収益性が悪いとイオン撤退
→何もない焼け野原状態だけが残る

これが切な過ぎる田舎によくある現象です。
イオンは一見楽しくてよさそうに見えますが、全国に展開する、
儲けにシビアな商業施設ですので、地元の発展なぞ1ミリも考えておらず、
イナゴのように現れ、儲けが悪くなれば何の感情もなく、冷酷に撤退します。

あとに残るのはつぶされ荒廃した商店街や、何もない廃墟のような空虚な街並みだけです。

この荒らしっぷりをして、人は破壊の限りを尽くした某敵キャラ例えて、エクスデスと呼びます。

こうちゃん

狸やイタチが道に・・・

こんばんは、こうちゃんです。

ちょっと切ないあるあるでもあるのですが、
野生動物も多い田舎ですと、
街頭も少なく、夜などは夜行性の動物が活発に動いていまして・・・

結果、

路上で狸やイタチが車に轢かれている

都会じゃまず見ないような動物が、路上で轢かれて死体になっていて、
びっくりすることがあります。

こうちゃん

駅は人間を信用

こんばんは、こうちゃんです。

田舎の定番

駅に改札がない

かなりの田舎になってきますと、コスト面からか、
駅に改札がなかったり、券売機や切符回収箱はあっても、ゲート的なものは一切なく、
ホームに勝手に上がり、勝手に乗る仕組みが多いです。

まあ、目的地に当たる、ある程度栄えた町などではちゃんと清算できるのでいいですが、
極端な話、田舎な駅同士の場合、もはや切符すらいらないのではないか、とw

たまにそうした駅を見かけると、まあ地元民への信頼で成り立ってるのだな、と。
まあ、あまりキセルなんてして地元列車の経営状態が悪化しようものなら、
結局鉄道会社に撤退されて、自分たちの首をしめてしまうから、ちゃんとするのでしょうけど。

こうちゃん

タクシーに乗ったことがない

こんばんは、こうちゃんです。

田舎には人の往来も限られていて、
公共交通網も少ないため、流しのタクシーなどまずなくて、
そして駅からの終バスや、そもそもの終電の把握はみんなきっちりしているため、

タクシーに乗ったことがない

こちら、よくある例になります。
仮に遅くなるのが確定していても、たいていのおうちでは車があるため、
家族に迎えに来てもらうのがお約束になっています。

こうちゃん

イオンでデート

こんばんは、こうちゃんです。

田舎暮らしの定番、

休日はイオンでデート

かなりの田舎になると、遊ぶところなどだいぶ少なく、
休日に出かけるとなると、様々な商店から、ゲームセンターやカラオケなど、
色々入っているショッピングモールで遊ぶことが定番になり、
地域一大きいイオンやジャスコなどは、
学生カップルのデートの定番になっています。

こうちゃん