おもしろシーン満載の長編ホラー漫画の彼岸島のおもしろ楽しいシーン紹介ブログです。

なぜかとなりなのに気づかない

こんばんは、
燃えPaPaです。

彼岸島初期のアホ画像、
クモになった邪鬼の元の人間の頃・・・

いや、こんな横に死体あったら気づけよw

もはや、わざと飲んだのを疑うレベルですw





燃えPaPa

最近流行りのカサネテク

こんばんは、
燃えPaPaです。

意外とミーハーな燃えPaPaですいませんが、ちょっといつものテーマから、
突然世間での流行りものに飛びついた話になっています。

最近ネットを中心に新ブームと騒がれていて、発見しました衝撃動画が、
個人的にもとてもツボ過ぎて、ついついハマってしまいまして、

カサネテク

こちら、今や若者を中心に大ブレイク中で、
動画の方、すでに100万再生を超える人気ぶりです。
すでに300万も突破、どこまで伸びるのか、気になるすごさです。
かくいう私もすっかりハマってしまい、毎日のように聞いています。

こちらの動画、これはなかなかありそうでなかった、合コンの攻略テクニックの紹介動画の極みです。
思わず、あるある、とつぶやいてしまいそうな、合コン技の数々を語る歌に載せて、
ステキなモデルさんが実践するPVのよなもので、一度見てみると、クセになりそうなおもしろ動画ですので、
どうぞぜひ一度ご覧になってみてください。

結構流行っていて、

合コン攻略テクニックの極みカサネテク
これはすごい!合コン必勝法のカサネテク

合コン攻略のバイブルか!?カサネテク

合コン必勝テクニック「カサネテク」
合コン攻略テクニック紹介のカサネテク

などなど、様々なサイトやブログなどでも紹介され、
評判のネタです。


燃えPaPa

バタフライ魚人w

こんばんは、
燃えPaPaです。

彼岸島序盤に登場する、
彼岸島周囲の海域から人が脱出できないように守っている、
魚人型の邪鬼(おに)です。



なぜか魚的泳法は使わず、
バタフライで泳いでいますw
雅に操られているとはいえ、
なぜにバタフライw


燃えPaPa

彼岸島(ひがんじま)とは

こんばんは、
燃えPaPaです。

こちら、ブログの方、
おもしろおかしい彼岸島情報の紹介ブログにしていくと書きましたが、
まずは少々、彼岸島とはなんぞや、と解説からー。

『彼岸島』は、『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて2002年49号から2010年32号まで連載された。単行本は全33巻。

キャッチコピーは「吸血鬼サバイバルホラー」。吸血鬼に支配された孤島での生存や脱出、吸血鬼の操る異形の怪物との対峙をメインとした作品だが、バトル漫画・ファンタジー漫画・SM漫画・サバイバル漫画などの要素も持つ。
「閉鎖環境・限定空間」を舞台として生存・脱出を扱う作品であるが、島の面積や人口、人間と吸血鬼の戦力差などの客観的な情報はほとんど描写されない。物語が進むにつれて明かされる新事実や新展開などに伴い、舞台となる島が膨張し続けたり人口が肥大化したりするなどが発生しているものの、設定の変更で幾分かはフォローされている。

続編である『彼岸島 最後の47日間』および『彼岸島 48日後…』も刊行。


感染する吸血鬼の出てくるホラーもののお約束でありながら、
高度なアクション、ところどころに(結構?)おもしろ要素の登場する作品です。

まるでそのまま自生してんの?ってツッコミたくなるくらい
丸太が登場しまくる作品であったり、
元のままなのにコラ画像かと疑うばかりなとんでも画像が出てきたり、
ネタの絶えない楽しい漫画です。





燃えPaPa

おもしろ彼岸島紹介ブログに

こんばんは、
燃えPaPaです。

これまでおもしろ画像の紹介ブログをしておりましたが、
こちらの他に、seesaaブログさんの方でもおもしろ画像コレクションというブログを作っていましたので、
このたび、ここのブログはちょっとテーマ変えをしようと思います。

今後も、ある意味おもしろ画像集めにはかわりないのですが、
ちょっと対象を限定しまして、
おもしろ彼岸島特集ブログにしようと思います。

今や長編人気漫画として定着していて、ホラー漫画の彼岸島ですが、
あまりにもツッコミどころの多いおもしろシーンが多いですので、
こちら、どんどんおもしろ画像や話題を紹介していこうと思っています。

よろしければ今後ともこちらのブログをご覧になっていただけたら、と思います。


燃えPaPa